鼻からスイカ!?お産がこわくてこわくて仕方ない方必見!

妊娠中にやっていてよかったこと、それはマタニティヨガです。私はいい歳こいて、痛いのが大の苦手。インフルエンザの予防注射はもちろん、冬場は静電気にですら恐怖を感じています。妊娠が発覚した際は何よりも『ついにきた。無理。こわい。』と思った正真正銘のへたれです。


しかし、そんなマイナスの気持ちからも逃げずに、受け入れることができたのはマタニティヨガのおかげです。教室にうのは金銭面的にきつかったのでDVDを購入して自宅で行いました。ちなみに、マタニティヨガのDVDは古本屋さんで250円で購入しました。

 
まずヨガの基本の呼吸法。陣痛時に鼻から吸って口から細くだす。これを身につけておくだけで、だいぶ痛みから気をそらすことができました。
あとは股関節の柔軟性。出産時に足を開くので股関節の柔軟性が大切です。また10ヶ月かけて、かたまった全身のあちこちを伸ばすことで夜眠れやすくなったりします。

 
実際安定期に入った頃からはじめた私は妊娠中、たくさんの方がなるこむら返りを一度も経験せずにすみました。そんなこんなで初産に3時間の超スヒード安産ですみました。マタニティヨガをやっていてそんなことは何もありません。普通のヨガが苦手な方もマタニティヨガなら簡単に行えると思います。

 

ベルタマザークリーム 口コミ