テレビドラマや映画のように実際はならない

妊娠したかな?と思った時、普通に検査薬を買ってきてドキドキしながら確認しました。
反応が出たので病院へ行ってキチンと胎児を確認してもらう流れでした。
ドラマのように、ウッと気分が悪くなって気づくなんて事は実際はなかったです。
つわりも気分悪くて食べられなくて、更に嘔吐…というのをいつもテレビ等で見ていたので覚悟しなければ…と思っていたのですが自分は食べづわりでした。
一度に食べられる量が少なくなって少しでもオーバーすると気分が悪くなるという感じでした。
でも、少ししか食べていないので、すぐにお腹がすいてしまって大体一日六食位食べてました。
妊娠前は全く知らない世界で驚きました。
よく妊娠すると貧血になると聞いていたので特にメーカーは決めていなかったけど、鉄分のサプリを飲んでいました。
そして、鉄分入りチーズやレバーも頑張って食べていたので大丈夫だろうと思っていたのに、検診で貧血ひっかかってしまって鉄分補給の薬を飲む事になってしまい、ガックリしました。
赤ちゃんってすごく沢山の鉄分を必要としているのだと驚きました。
でも、もっと驚いたのは医者で出された鉄分補給の薬の不味さです。
子供の為じゃなかったら、とても頑張れなかったかもしれない位の味でした。
でも、私の体重は増えないのに胎内の子供の体重は順調に増えていき何とか無事出産。
出産後、体重はマイナスになっていました。
みんな増えるからダイエットしなきゃいけないかな…と思っていたのですが必要なくなりました。
妊娠の経過が順調なら体重はみんな増えると思っていたので驚きでした。
病院でマタニティヨガがあったので参加していたのと、散歩していたのは自分の中ではよかったのかな?と思っています。
色々、驚きは多々ありましたが無事出産できたのは本当に嬉しかったです。

 

ベルタ葉酸サプリ 口コミ